Windham Hill/Imaginary Road Studios

Windham HillとImaginary Road Studiosの音楽を紹介します

THE OTHER SIDE/ Paul Jensen

THE OTHER SIDE/ Paul Jensen アメリカン・フォークシンガーのポール。この頃はまだアーティスト本人から購入するだけの余裕がありました。そうしたら「遠く日本からわざわざ!」と、マネージャーを通じて、それまでの過去の作品全部を送ってくれるという大…

GREY SKY AND BITTERSWEET/ Ann Sweeten

GREY SKY AND BITTERSWEET/ Ann Sweeten 実はこのアルバムの存在を知ってから、ウィルの活動が本格化したなと思いました。それまでスタジオ作品が(こんなにも)あるとは知らなかったのです。そして、当時ウィルとスタジオ入りしていたRobert Wallingと知り…

EDEN/ K.Ryan Brown

EDEN/ K.Ryan Brown ウィルのスタジオで働いていたというプロフィールを持つアーティスト。スタジオ独特の硬質なピアノの音と、ゆっくとしたテンポの楽曲が聴き手をリラックスとした世界に誘い、現実の生活を忘れさせてくれるような覚醒感があります。 EDEN/…

FORGIVING DREAMS/ Damon Buxton

FORGIVING DREAMS/ Damon Buxton ウィルとのコラボはこの一枚きりでしたが、当時はMany Miles Musicを共同で経営など交流のあったギタリストです(彼の活動で私はMarikaさんを知りました)。 このデビュー・アルバムはこれまでのImaginary Road Studios作品…

GARDENS OF HOPE/ Frank Smith

GARDENS OF HOPE/ Frank Smith さまざまな楽器との対話の中に、やさしく時が流れすぎて行くかのようなぬくもりを感じることができるギターアルバム。自然光が差し込んでくるような、小さな自然の中に身を置いているときの安らぎを覚えます。どの曲も優しいそ…

UNVEILED/ Stanton Lanier

UNVEILED/ Stanton Lanier Willのスタジオでのレコーディングが続くと嬉しいですね。前作『THE VOICE』から2年。よりウィンダム・ヒルに近いサウンドを聴くことができます。初めて聴く曲ばかりなのに、一度聞いただけで憶えてしまいそうなメロディ。二度目に…

Masakoさん、間もなくニュー・アルバム完成!

Masako's Album ウィルのスタジオ(Imaginary Road Studios)でレコーディングしているMasakoさんの5thアルバムが、 今春リリースされます。現在マスタリング中とのこと。アルバムタイトルは『HIDDEN FLOWERS』です。 HIDDEN FLOWERS

TRUE/ Jeff Oster

2005年の『RELEASED』に続き、Imaginary Roads Studiosにてアッカーマンのプロデュース。ウィンダム・ヒル・ファンにとっては嬉しいアーバーグやマンリングの名前も見つけることができます。そし てアッカーマンのエレキにも注目(1曲だけですが)したいとこ…

THE LANGUAGE OF SPIRITS/ Rudy Perrone

アメリカン・プログレ・バンド、カテドラルのギタリストによるアコースティック・ギターソロ。バンド自体はアルバム一枚で解散して(その後再結成などを繰り返すのは、やはりプログレだから? 笑)しまったので、プログレも良く聞く私はまったく知りませんで…

LANTERN/ Dan Kennedy

LANTERN/ Dan Kennedy 4 曲入りのミニ・アルバムとしてレコーディングされたDan Kennedyのデビューアルバムです。オープニング曲こそリズム・セクションが加わったリズム感のある曲で始まりますが、アルバムは静かなピアノ・ソ ロというイメージが、ジャケッ…

IT'S ABOUT THE ROSE/ Karen Marie Garrett

IT'S ABOUT THE ROSE 2005年に制作された『ALLURE OF SANCTUARY』ではスカイウォーカー・スタジオ(その名前からもジョージ・ルーカスのスタジオということがわかります)でのレコーディングでしたが、今回のアルバムはImaginary Road Studiosでの制作になり…

THE COLOR OF LIGHT/ Dana Cunningham

THE COLOR OF LIGHT/ Dana Cunningham Dana Cunninghamの3rdアルバム。2004年の『SILENT NIGHT』。ウィンダム・ヒルのPhilip AabergやLiz Storyのように瑞々しく透明感があって、そして色彩豊かなタッチが美しい風景を想像させてくれます。 THE COLOR OF LIG…

SOMETHING YOU DREAM OF... / Denise Young

SOMETHING YOU DREAM OF... / Denise Young アッカーマンにデモテープを送ったことから制作されたピアノ作品。ピアノ・ソロは1曲だけで、ウィンダム・ヒル・メイツが、それぞれ器楽を持ち寄りアンサンブルを奏でています。まるでこの1枚でウィンダム・ヒルの…

WOODSONGS

WOODSONGS このアルバムをアッカーマンは1985年にリリースされた『WINDHAM HILL RECORDS GUITAR SAMPLER』と同じくユニークで重要な作品であるとコメントしていますが、その曲目を見て思わず唸ってしまいました。私が注目したのは、当然アッカー マンが2004…

A message from Fiona Joy Hawkins...

オーストラリアで現在も続いている未曾有の火災。フィオナ・ホーキンスからのメッセージです。 fionajoy.bandcamp.com 。

BRIDGING TEXTURES/ Jim Hudak

BRIDGING TEXTURES/ Jim Hudak Imaginary Road Studios作品としては異色の ジャケット(笑)。ウィルとジムの共同プロデュース。しかし、中身はフィリップ・アーバーグに音色の似た、アメリカの心を感じるサウンドを聞かせてくれたので安心しました(笑)。…

WHISPERINGS AT NIGHTFALL/ Robert Linton

WHISPERINGS AT NIGHTFALL/ Robert Linton ロバートにとって3作目となるアルバム。アッカーマン率いるウィンダム・ヒルの面々が同窓会的に参加するようになったのは、このアルバム辺りからではないでしょうか? それまではせいぜい1〜2名程度が名を連ねてい…

RELEASED/ Jeff Oster

RELEASED/ Jeff Oster 【AT LAST】という4曲入りのミニアルバムが発展して5曲追加収録され、アルバムタイトルを変更してリリースされたのがこのアルバムです。 アッカーマンのギター、アーバーグのキーボード、ビシャラットのヴァイオリン。が参加。マーク・…

ALLURE OF SANCTUARY/ Karen Marie Garrett

ALLURE OF SANCTUARY/ Karen Marie Garrett まだImaginary Road Studiosが完成していなかった時期に制作されたのか、レコーディングはSkywalker Sound Studiosで行なわれています。ピアノ・ソロの他、ミスター・チェロマンことEugen Friesenとの共作が2曲(2…

THE VOICE/ Stanton Lanier

THE VOICE / Stanton Lanier Jim Brickmanのように歌があり、ハーモニーを聴かせてくれるメロディメーカー。すでにこのアルバムをリリースする以前から活動をしているベテランピアニスト。この作品からウィルは5作続けて関わることになります。これはその入…

UNUSUAL WEATHER/Michael Manring

UNUSUAL WEATHER/ Michael Manring 2015年にSony傘下のAdventure Musicというところがリ・イシューしたウィンダム・ヒルのアルバムには、他にDarol Anger & Barbra Higbieの『TIDELINE』があります。以前にも書きましたが、もともとが高音質なレーベルとして…

SOUNDS FROM A WISHING WELL/ Patrick Gorman

SOUNDS FROM WISHING WELL/ Patrick Gorman ウィルがピアノソロのプロデュースをするのは一体いつのことでしょうか。これがまた素晴らしい。たった1回のセッションでレコーディングが済み、ウィルにとって作る喜びを再認識したアルバム作りになった一枚。ス…

ZADE

私がこのアーティスト、そしてアルバムを紹介するのは初めてです。リリースは、ウィルが新しいスタジオを構えた初期の段階でプロデュースを行なっていた一人で、ウィンダム・ヒルのコンピレーション・アルバム『SONGS WITHOUT WORDS II』の中で、唯一ウィル…

BLU/ Sergio Altamura

BLU/ Sergio Altamura 数種類のギターを弾き分けるイタリア人ギタリスト、セルジョ・アルタムーラ。きっかけはウィルがイタリア旅行の際に出会ったのでしょう。ジャンルにこだわること無く、良質な音楽を作り続けるウィルにとって刺激的なプロデュースになっ…

STICK AND STONES/ Rob Eberhard Young

STICK AND STONES/ Rob Eberhard Young このアルバムをこのブログで何度紹介したかわかりません(笑)。何度も紹介したくなってしまうアルバムだから仕方ない、かな? ともかく、Will Ackermanの秘蔵っ子としてデビュー(Robにとっては2nd)、Imaginary Road…

RUBY SHOES/ Louise Taylor

RUBY SHOES/ Louise Taylor 基本はルイス・テイラーのアコースティック・ギターとベースとドラムスという3ピースバンド。まるでアメリカの田舎にあるバーで歌っている「流し」のような、のんびりとした雰囲気が漂う一枚。 ウィンダム・ヒルを売却したあとに…

SONGS FROM EINSTEIN'S VIOLIN/ Frank Tedesso

SONGS FROM EINSTEIN'S VIOLIN/ Frank Tedesso -1996- Will Ackermanのスタジオで、フルプロデュースによる初めての作品がレコーディングされたのは、今から24年前の1996年。この作品はWindham Hillを売却したあとに、新しく立ち上げたImaginary Roadという…

NIGHT AIRS/ Rick Wakeman

NIGHT AIRS/ Rick Wakeman ずいぶん昔にリリースされた『NIGHT AIRS』。これは英国のプログレバンドYesのキーボーディストが米国のウィンダム・ヒルに対し英国のランドスケープというレーベルが対抗してレコーディングされたアコースティック・ピアノ・アル…

GOOD LIGHT TO GO BY/ Vin Downes

GOOD LIGHT TO GO BY/ Vin Downes 昨年11月から始まったKickstarterでのVin Downesのニューアルバム作成のニュース。待ちに待ったCDが昨日届きました。メッセージもたくさん(書くのに時間が掛かっただろうなぁ…)。本国では昨年暮れに届いていたようですが…

George Winston's の Winter's Solstice

DECEMBER/ George Winston ジョージ・ウィンストンの『DECEMBER』がきっかけでウィンダム・ヒルの『ウィンター・コレクション』が制作されるようになったのは有名な話ですが、そのジョージ自身が、このシリーズに参加するようになったのは、かなり後の話… そ…